2009年09月29日

「サイクロンッ!ジョーカァァーッ!!」が、頭から離れない

090928_2101~0001001.jpg
打ち上げの話。
昨日は、今月行われた「もう嫌んなるくらいハピネス!」の二次打ち上げ(写真参照)。
この東京砂漠、劇団は数あれど、打ち上げを二回やる劇団はウチくらいだろう。理由は「何か楽しいし」、というよく分からないもの。
まぁ、要するに酒さえ飲めれば、それでいいワケで。ひたすら飲んで騒いで、終電で帰宅。
ちょっと元気になった。

クリフの話。
親友の安部ちゃんが、予告の時点で「あー、面白かった!」と何故か過去形で発言したモンスタームービー「レッドクリフ」をDVDで観賞。
いやぁ〜、すげぇわ!絶対に劇場で見るべきだった!
今こそ、自信を持って言おう!
「あー、面白かった!」と。
因みに、私の好きな武将は趙雲です。

Wの話。
ビックリするくらい、伏線を丸投げして終わった驚異の作品「仮面ライダーディケイド」。その後番組「仮面ライダーW」が始まった。
いやー、これがまた痛快で面白い!僕ら世代なら皆知ってる「ダイの大冒険」の三条陸先生が脚本をつとめていて、二話完結の探偵ものである。
変身する時は、USBメモリをベルトに差すという、「最近の仮面ライダーは、近代的ですなぁ」と感服することうけあい。お時間ある方は、YOUTUBEとかで、見てみては?Wというだけあって、探偵のコンビが二人で合体変身します。

歯の話。
いよいよ明日、バージンとお別れ。
これでもう、皆から子供扱いなんかさせないんだからッ!
…でも、ちょっと不安だったりして。

脚本の話。
現在、ある映画の脚本に着手中。
知らないジャンルを書くというのは骨が折れる。かなり苦戦しているが、意地でも良い作品に仕上げたいもの。
posted by フキハラ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団PMC野郎関係のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

抜こうと思う。やらしくない意味で。

090921_2120~02.jpg
スパムコメントのパラダイスと化していた当ブログですが、本日をもって再開致します。
生暖かく見守って頂けたらこれ幸いです。

ロストバージンの話。
歯が痛くなった。
正確には一年くらい前から痛くなっていたのだが、「これは虫歯なんかじゃない」「もう恋なんてしない」と強く思い続けてきたのだ。いや、後者は嘘だ。
ところが、先週から今までとは明らかに違う鈍痛が発生。ついに心が折れた。
そこで、問題が一つ。
僕、物心ついてからというもの、歯医者というものに言った事が無いのである。
虫歯は勿論、矯正やその他諸々、デンタル関係に関しては完全にチェリー、いや、バージンなのである。
「初めては痛くしないで欲しい…」
そういった乙女の願いは万国共通だ。僕も例外ではない。伝を辿って、優秀な歯医者さんを調べあげることに成功し、早速予約。自分の意思薄弱ぶりは誰よりも理解しているので、いきなり当日予約を敢行。いざ、現地へ。
場所は、青山一丁目駅から徒歩三十秒の好立地。見るからにセレブしか行かなそうな佇まいに、若干気後れする。僕、チワワ飼ってないし、低所得者のバイブル『SPA!』とかスゲー読んでるけど、本当にいいんすか?

不安を抱えながらドアを開け、受付へ。ここで僕は正直に告白する。
「私…じゃなかった、僕…バージンなんです。あ、いや、歯医者がですよ」
よほど不安そうな顔をしていたのであろう、衛生士さんは優しい笑みを浮かべ、僕に言った。
「ご安心下さい。最近の歯の治療というのは、一切痛みを感じません。治療の際は麻酔をしますし、その麻酔も打つときは痛くないようにケア致します」
なんと!僕が知らぬ間に、そこまで医学は進歩していたとは!これなら、安心である。
以降、為すがままにされる僕。自分の口内を他人に見られるのって、こんなに恥辱にまみれた行為なのか、などと考えながら、治療は続く。
しかも、「わしゃ、どんだけ不安そうな顔してんだ」というくらい、過剰なまでに「ご安心下さい、吹原さん。何も怖いことはございませんからね!」と念を押してくるスタッフ!
あの、そんなに言われると、逆に不安になるんですけど…
しかも、虫歯の穴に痛み止めを入れる際、いまだかつてない激痛がやってくる始末。え、今まで言ってたのは、全部フリですか!?

とりあえずのチェックを終え、いよいよ来週、虫歯を抜くことになった。
あまりに綺麗に生えていて気付かなかったが、どうやらヤツは親知らずと言われる歯で、まるで機能していないらしい。捨て去るのに、一ミリの躊躇もない。
初体験を終えたら、必ず報告します。続く。

ビビ君の話。
姉夫婦が犬を買った。
姉は、僕の知る限り霊長類で最も気が強い女性なので、あまり乗り気でなかった義兄が、飼うことを認めた理由も、大体分かった。
犬好きとは死んでも言いたくないが、わりかし犬が嫌いでない僕は、時間を見つけて姉夫婦が住むマンションへ向かった。
そこに居たのは、写真の犬。
マルチーズの男の子で、名前はビビ君。
飼われて数日で、マーキングを始めたおませさんである。
なかなかどうして、可愛いものですね。

舞台出演の話。
来月、久しぶりに客演として、舞台にでます。詳細は近日。お時間ある方は、是非とも遊びにいらして下さいね!
posted by フキハラ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記風のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。