2009年10月26日

フリーメイソンが、こんなところに。

091025_1931~01.jpg
小屋入りの話。
今日からいよいよ小屋入りです。
場所は、吉祥寺シアター。
ちょうど先月に、自分の劇団で公演をうったばかりだから、勝手知ったる我が家みたいなもの。
勿論、チケットの予約の方もお待ちしてますっ!
しっかし、役者として出演のみの舞台公演って、楽しい事ばかりだな〜。夜は眠れるし、自分の役の事しか(極論言うとね!)考えなくたっていいし!
偉そうな事は言わず、ひたすらに楽しんできまーす。そういう仕事でしょ!

フリーメイソンの話。
フリーメイソンって知ってます?
世界を牛耳っている(らしい)秘密結社です。
秘密と言いながら、あらゆるもの(色んな国のお札とか)に、組織のマークを印刷しているという、秘密にしたいのか主張したいのか、よく分からない団体です。気になった方は、とりあえずググろうぜ!
ちなみに、そのマークというのは、ピラミッドの中にくっきりと目が記されているというもの。
そして写真は、今回の共演者・とむ君が発見したフリーメイソンのマーク。
身近なところにも、あるもんだね!
恐るべし、フリーメイソン!

共演者がみんなイカれてる話。
って、乳首じゃねーか!乳首!小粋な乳首じゃねーか!刈り取るぞ!
というわけで、ポップな共演者に囲まれています。
昨日も、小屋入り前日なのに、最所さんから「梅宮辰夫と細木数子って顔、似てない?同一人物なんじゃないかな、トッツィーみたいに。」という、メールが届きました。
もう、明日から小屋入りだっつーのに、そんな重要な事、メールしてくんなよな!!

頑張れアツトさんな話。
って、どうでもいいんだよ、馬鹿野郎!
脳みそとろけてんじゃねーのか!
ついでにお前の乳首も刈り取るぞ!
で、今回の公演の脚本・演出を担当している鈴木アツトさんの作品「青鬼」が、愛知の戯曲賞の最終選考まで残っているらしいぞ!
思えば、お互いに豆粒大の小さな劇場でやっていた頃からの付き合い。
是非ともうまくいってほしいですね!!
そんなアツトさんの最新作を観に、吉祥寺まで行こう!
メールお待ちしてますっ。
posted by フキハラ at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事関係のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

学ぶことばかりですよ

080531_1737~01.JPG
仕事の話。
行き詰まっている時にこそ、男としての底力が問われる次第。
とにかくパソコンにかじりついてナンボだ。
…と、言いつつ、昼にはテレビで「タイガー&ドラゴン」と「古畑任三郎」を観てしまった。
あぁー!!よく出来てんなぁー!!
で、こういう面白いのを観ると、また時間がかかるんだよな…。
やはり素直に面白かったーとは言えない…悶々!ポウ!

生き方の問題の話。
先日撮影でご一緒させていただいたアイドルの子が、「私、青春捨ててますから!」なんて、あっけらかんと語っていた。
お、おぉー。
確かにアイドルという職業は、恋人はおろかデートもろくに出来ない。でも、仕事の為ならと、スパッと諦めているんだって。学校でも男子とは一言も会話しないようにしているんだとか。
うーむ、偉いなぁ…。お兄さん、感動しちゃった。
それと同じくらいの覚悟でやらなきゃ駄目ですよね、仕事ですもん。俺の場合、何だろう。酒か?禁酒したらいいのか?

温泉の話。
自宅近くに温泉があることを、今更になって知った。何をおいてでも行きたい、入りたい!!
だが、この気持ちを封じる覚悟が、俺には必要なのかもしれん。

モチベの話。
今井さんはモチベーションのことを、モチベと言う。
実際問題、何事も、モチベが肝要なんだと痛感する。
自劇団の作業と同じくらいのモチベがあれば、何でもチョロいチョロい。
しかし、それがなかなか難しいわけである。
地味に怠けようとする己にカツを入れたい。

稽古の話。
月末にスタートする「父産」(劇団印象)まで、いよいよ二週間を切った。
ここからはノンストップだ。また吉祥寺に通える幸せを噛み締めていこうと思う。
posted by フキハラ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事関係のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

頑張れ頑張れ、赤カブト!

071228_1719~01.jpg
現状の話。
まぁ、特に忙しいとは感じないのだけど、色んな仕事が滞ったりしているのは、やはり少し忙しいのかもしれない。
まぁ、とにかくもっと頑張らねば。急げ、急げ。

映画撮影の話。
現在、ある映画の撮影真っ最中。と言っても、役者として出演のみのお仕事。共演はミスマガジン出身のグラドル・佐武宇綺ちゃんをはじめとした、珠玉のアイドル達だ。
本来なら「ウヒョウ!お近づきになりてぇ!」とマックスボルテージになるべきところであるが、とにかく根が超高校級人見知りな僕である。待ち時間もほとんど会話は無く、根暗街道まっしぐら。猫、まっしぐら。
そのうちに、あの可愛い笑顔にはきっと裏があるに違いないと考え出し、「何よ、あの不気味なメガネ。芝居の時はえらいテンション高かったのに、待ち時間になると黙々と新聞なんか読んでさ!キモい!フニャチンこんにゃく野郎!ねぇ、マネージャー!あいつを半径5メートル以内に近づけないで!」とか思ってるんだな、と決めつける始末。距離は離れていく一方だ。ふ、いいんだ…知らない人に付いていっちゃダメだってお母さんに言われてるし…。
そんな関係を打破してくれたのが、誰あろうポップンマッシュルームチキン野郎の増田赤カブト(彼女と最所さん、そして竹岡さんも出演している)であった。のび太が床について眠るスピードと同じ早さ(一秒以内)で、見知らぬ人と仲良くなる事が出来るという特技を持つ彼女のおかげで、現場は一転、薔薇色に。キャッキャ。
何だ、話してみたら普通のいい子達じゃん。ただ、若すぎて、何を言われても大抵「へぇー、最近の高校生は、そういう言い方するんだー。うんうん」と返してしまった自分がすこぶる嫌になったけど。
因みに、佐武さんが赤カブトのことを、ずーっと「赤鬼さん」と間違えて呼んでいた事は、内緒だよ!

しかし独りの話。
赤カブト、最所さん、竹岡さんはクランクアップしたにも関わらず、今日は朝から撮影で千葉へ。
彼らがいない中で、共演のアイドル達と会話出来る気がしない。孤独…。
昨日、最所さんは、「フッキーは人見知りだから、皆から話しかけてあげてねって彼女達にメール送っておくね!」、と妙な気の遣い方をしていたが、何か逆効果な気がする。
とにかく、頑張ります。今日で僕もクランクアップです。

何故かゴールデンの話。
今日からいよいよ「オトメン・秋」がスタート!装いはそんなに新たにならずに、毎週火曜九時からオンエアです。
何処が秋かって?出演者の衣装が秋仕様になってるでしょうが!

舞台稽古の話。
10月30日から11月3日まで、吉祥寺シアターで上映する「父産」(劇団印象)という作品に出演するので、その稽古に明け暮れる日々。面白すぎる共演者達に囲まれ、面白すぎる毎日をおくっています。面白すぎる作品になるはずなので、お時間ある方は是非ともε=ε=┏( ・_・)┛
何か、今日の日記だけ見ると、バリバリの役者さんみたいだな。本業は絶対に疎かにならないように!ッシャ!!
今日も撮影待ち時間に、仕事しまくります!
posted by フキハラ at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記風のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

いや、お前は育ててねーだろ!

091004_1638~01001.jpg
たまには競馬の話。
また寝るのを忘れたわけだが、ふと行き詰まった時には、ヤフーニュースを見たりする。最近はニュースによっては、コメントが書けるようになっていて、無責任なコメントが結構楽しめるのだ。
写真は、本日行われたスプリンターズSを優勝したローレルゲレイロの記事についていた書き込み。
「私もそう思う」の欄に四票も投票があったことに、ついツッコンでしまった。

ガストの話。
稽古終わりに次回の共演者とガストへ。
オトメン(秋編)第一話とコラボしているハンバーグカレーを食す。ふ、普通に美味い。ていうか、このレシピで不味く作る方が難しいぜ!オススメです。

巨人の星の話。
飛雄馬が、恋人・美奈の死を乗り越え、大リーグボール一号とともに復活するシーンは、何回読んでも泣ける。そこから、父・一徹との血で血を洗う争いが始まるのである!あぁ、ワクワクする!

歯医者の話。
明日は消毒の日。
忙しいから行きたくないんだけど、消毒って、ブッチしたらやばいイベントなの?誰かおせーて!
posted by フキハラ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記風のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

オトメン、打ち上がる。

090906_1040~01.jpg
打ち上げの話。
今週二発目の打ち上げ。今日はドラマ「オトメン」の方。本作の脚本は、本当に骨が折れました。でも、それだけに忘れられない作品になりました。10月13日から、火曜九時枠で再スタートなので、是非とも見て下さい!僕がメインでやったのは10月20日放送です。市川由衣ちゃんがゲストで出てくれてます。ヤホーイ!
さて、打ち上げ自体は、出演してくれた芸人さん達によるお笑いライブも開催され、大盛り上がり。いや〜、笑わせて頂きました。岡田君の真剣な言葉にも心をうたれたし。主演が彼で、本当に良かったと思います!
つーわけで、歯を抜いたばかりなのに、飲みまくってしまいましたよ。また、血が…。
だが、仕事の関係で一次会で退散。もう少し居たかったけど、映画の脚本やらなきゃ。
実際、だいぶ遅れている。妙に完璧主義なのがいけないのか。しっくりこないんだよなぁ…。とはいえ、いい加減、あげます。

チコタンの話。
役者の加藤慎吾から、チコタンという合唱曲の歌詞がメールで届く。
彼が小学校の時に、授業で習ったそうだが、そのあまりにシュールな歌詞には目を丸くしてしまう。YOUTUBEで探せば、メロディーも聴けるそうなので、是非とも!

以下、慎吾から来たメールの内容。

こどものための合唱組曲
『チコタン』
〜ぼくのおよめさん〜
作詞/蓬莱泰三作曲/南安雄

1)なんでかな?

なんでかな?なんでかな?
なんでチコタン好きなんかな?
なんでこないに好きなんかな?

チコタンチコタンチコタンチコタン
飴だまみたいな目ぇやからかな?
マシュマロみたいな鼻やからかな?
クラスでいちばんチビやからかな?
クラスでいちばんゲラやからかな?
なんでこないに好きなんかな?

難儀やなぁ難儀やなぁ

チコタンチコタンチコタンタン
どないしようどないしよう
チコタンチコタンチコタンタンチコタンタン
チコチコチコチコチコタンタンチコタンタン
ぼくはあなたをぼくはあなたを・・・
食べてもたろか!

2)プロポーズ

チチチチチチチチエコさん
ぼぼぼぼぼぼぼぼくぼくの
およおよおよおよおよおよおよおよめさんに
ななななってください

もし君がおよめさんになってくれたら
べべべ勉強いたします

よいこになりますそうじもサボリません
ハナクソとばしません女の子も泣かしません
ぜぜぜ絶対誓います!

チチチチチチチチエコさん
そそそそそそそそやさかい
ぼぼぼぼぼくのおよめさんに
ななななってください!

3)ほっといてんか

ほっといてんか!ほっといてんか!
おやつなんかいらん!ケーキなんかいらん!
あほたれ!あほたれ!母ちゃんのあほたれ!
なんでぼくひとりだけ産んだんや!?
ぼくがサカナヤ継がんならんのに
そやからぼくはシツレンしたのに・・・

ほっといてんか!ほっといてんか!
ごはんなかいらん!テレビなんか見とない!
あほたれ!あほたれ!父ちゃんのあほたれ!
なんでサカナヤなんかしたんや!?
チコタンサカナは嫌いやのに
そやからぼくはシツレンしたのに・・・

ほっといてんか!ほっといてんか!
ひとりぼっちでほっといってんか!

4)こんやく

ええことええこと思いついた
チコタンチコタンエビ好きゆうた
チコタンチコタンカニ好きゆうた
チコタンチコタンタコ好きゆうた
そんならそんならチコタン好きな
エビカニタコだけ売ったらええねん
ほんまにええこと思いついた
ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!
ヤッホー!!

チコタンチコタンニッコリわろた!
チコタンチコタンオッケーゆうた!
チコタンチコタンゆびきりげんまん!
チコタンチコタン日本一の
チコタンチコタンサカナヤやるぞ!
ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!ヤッホー!
ヤッホー!!

5)だれや!?

二人でゆびきりしたのに・・・
大人になったらケッコンしようと
二人でゆびきりしたのに・・・
ケッコンしたら日本一のサカナヤになろうと
二人でゆびきりしたのに・・・

おいしいエビたべさしたろ思てたのに
おいしいカニたべさしたろ思てたのに
おいしいタコたべさしたろ思てたのに

そやから
そやから
いっしょうけんめいべんきょうしたのに
よいこになったのに
そやのに
そやのに・・・

チコタン死んだ
ダンプにひかれてチコタン死んだ
横断歩道で黄色い旗にぎってチコタン死んだ

チコタンわろてる花の中から
チコタンわろてる写真の中から
チコタンわろてる痛かったのこらえて
つらいのこらえてかなしいのこらえて
チコタンわろてる・・・

わらうな!チコタン!
写真の中なんかでわらうな!
ぼくはつらいねんぞ
ぼくはさびしいねんぞ
ぼくはないてんねんぞ
そやのにそやのに・・・

だれや!?
チコタン殺したのんだれや!?
ぼくのチコタン殺したのんだれや!?
ぼくのおよめさん殺したのんだれや!?
だれや!?だれや!?
だれやだれや!?
だれや!?
だれや!?
だれや!?
だれや!?

アホー!!!!


以上です。なに、これ…。
posted by フキハラ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事関係のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初体験を終えて…血が一杯出たよ!あ、歯の話ね!

20081109150821.jpg
ロストバージンの話。
僕の好きな言葉に「克己」というフレーズがある。
己に克つ(勝つ)。
読んで字の如く、弱き自分を認め、その上でそんな己に打ち克つという意味だ。
今日はついに人生初の抜歯の日。そんな朝に、僕の脳裏に浮かんだのは、その二文字だった。この恐怖と戦い、勝利するんだ!ポウ!
因みに、ひとつ嘘をつきました。僕、全然「克己」なんて言葉好きじゃないです。むしろ嫌いです。そんな簡単に自分に打ち克てりゃ苦労しねーよ!
というわけで、僕は往生際悪く、ビビりまくっていた。
前日の夜には、何だか怖くなって、友人と小一時間電話した(安部ちゃん、付き合ってくれて、ありがとう)。
しかし、いつまでもビビっていたら男が廃る。というか、せっかく予約したのに、勿体ない。仕方ない、歯医者へGO。
「あ、吹原さん。ご安心下さい。簡単な作業ですし、全く痛みは感じませんので」
会った早々、痛烈なジャブを決めてくる医師。何かもう、フリにしか聞こえないんですけど…。
治療が始まった。何故か治療台の前にはテレビが置かれ、ヒーリング風の映像が流れている。「ほーら、こんなん見てたら、君達は落ち着くでしょ!」という記号みたいなシステムだ。なめてんのか!(おかげでマングローブの生態について詳しくなってしまったよ)
まず、麻酔のための麻酔という、えらい遠回りしている気がしないでもない薬をハグキに塗る。しばらくして、麻酔を注射。いま思えば、麻酔のための麻酔をした筈なのに、麻酔注射が妙に痛かった時点で気付くべきだった…。
「さ、抜きますよ。大丈夫です、吹原さん。単純な作業ですし、全然痛くありませんから!」
ガリッ!ガリガリ!
イテテテェ〜ッ!
そう…僕は常人と比べ、異常なまでに麻酔が効きにくい体質だったのである!
作業を途中で止め、何回も何回も麻酔を打つ。ついには「吹原さん、これで駄目なら今日は諦めてもらう他、ありませんよ…」と、突如、弱音を吐き出す医師!おい、単純な作業だったんじゃねーのか!!
結果、通常の2,5倍(前人未到らしい)の量の麻酔を投与し、無事に抜歯。
「終わってみたら、大したことねーや」という、初体験の見本の様な感想と共に、歯医者を後にしたのであった(その瞬間の僕は、写真のイメージだ)。
因みに、三時間以上は持つと言われていた麻酔も、小一時間で切れました。どんだけ効きにくいんだ、俺は!!
ただ、何だかんだ言って、初体験ということで愛着もあるので、定期的に通います。

稽古の話。
今月末からスタートの劇団印象「父産」の稽古が連日行われている。
今日の稽古で、何やら色々見えた。気がする。と良いなぁ。
ファイト!
posted by フキハラ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記風のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。