2010年08月16日

ご来場ありがとうございました!

100716_2226~01.jpg
●『ロマンス』終了の話。

演劇ユニット・モウムリポ『ロマンス』、無事、終了致しました。

予想以上に沢山のお客様にご来場いただく事が出来て、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

この企画を立ち上げたのは、本当にひょんなキッカケからでした。
漠然と『自分が影響を受けた過去の名作戯曲を演出してみたいなぁ』と思い始めたのが、今年の頭くらい。
新宿サニーサイドシアターさんのHPに[つかこうへいFESTIVAL]の文字を見つけたのが、確か五月の終わりくらいだったと思います。
とにかく、企画成立から公演までの時間が無かった!

とはいえ、新宿サニーサイドシアターさんの『病床にいるつかこうへいさんを少しでも元気づけたい』というコンセプトに、強く共感したのも確かで…。

ですから、やると決めてからは、とにかくスピード命!
その日のうちに、劇団員で北区つかこうへい事務所の訓練生出身の最所さんに相談して、演目は『ロマンス』に決めました。
最所さんの相手役には、同じくつかこうへい事務所出身の青山君をキャスティング!

当日パンフレットにも書きましたが、僕にとって『ロマンス』は、本当に思い入れのある作品です。
それは、主演の二人も同じでした(詳細は省きますが、訓練生時代に手も足も出なかった戯曲だそうです)。

そんな彼らとなら、最高の『ロマンス』を作れるはずだ!そう信じて邁進して参りましたが、如何だったでしょうか?
色々と至らない部分もありましたが、二人の熱演は、嘘偽りの無いホンモノの演技だったと思います。

最所さん、青山君、どうもありがとう!!


残念ながら、つかこうへいさんは公演より随分前に亡くなってしまいました。

新宿サニーサイドシアターの小屋主さんとも話したのですが、『つかこうへいが死んで初めて、あぁ、俺はこんなにあの人の芝居が好きだったのか』と気付いた公演期間でした…。


この熱を、11月に予定しているポップンマッシュルームチキン野郎の新作公演にぶつけますので、皆様、何卒宜しくお願い致します!

そして演劇ユニット・モウムリポは、来年にまた過去の名作戯曲を上演する予定です(個人的には、憧れのニール・サイモンをやりたい)。そちらもどうぞ宜しくお願い致します!

最後に改めて…ご来場いただきました皆様、そして天才揃いの役者・スタッフ、どうもありがとうございました!!!


●感動を洗い流す話。

ちなみに最所さんと青山君は、ラストシーンが終わり、カーテンコールまでの暗転中、テンションを上げる為に、ずーっと互いの尻を触っていたそうです。
更に、公演後の打ち上げで『今だから言うけど、最後の方は最所さんとのキスが気持ち良かったよ』と青山君が言う始末。
最所さんはと言うと、はにかんでマンザラでもない様子…。


…マジで付き合っちゃえよ!気色の悪いホモ野郎どもがよぉ!!
posted by フキハラ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団PMC野郎関係のなにか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。